弁護士に相談するべき理由

弁護士と司法書士、行政書士の違い


相続において弁護士の最大の特徴は、「代理人としての交渉」、「遺産分割調停の代理」、「遺産分割審判の代理」ができるという点です。

 

相続に関しては、弁護士以外にも、税理士、司法書士、行政書士など非常に多くの士業がかかわりを持って対応しております。
しかし、相続の内容によっては、弁護士でなければ対応できないものもあり、この場合は弁護士に依頼しなければスムーズな対応ができません。
 

 

例えば、遺産分割の協議において、一部の相続人が法定相続分を超える遺産の取得を主張して譲らない場合、相手方の主張を認めるか、裁判所に遺産分割の調停を申し立てるなど法的手続をとるかいずれかが実質的な選択肢になります。このとき、遺産分割の調停の代理ができるのは、弁護士に限られます。

したがって、当初から弁護士に相談すれば、将来、相続人間で意見の対立が生じ、法的手続が必要になったときもスムーズに対応できます。

弁護士、その他の士業ができることの違いを以下の表にまとめました。

項目 弁護士 司法書士 行政書士 税理士
相続に関する調査
遺産分割協議書の作成
代理人としての交渉
遺産分割調停の代理
遺産分割審判の代理
相続登記 △※
相続税申告

※相続登記は当事務所では取り扱っておりませんが、司法書士の先生をご紹介させていただくことで対応をしております。

このように弁護士の特徴は、

①依頼者の代理人となって、他の相続人と交渉が可能である。

②代理人として、調停、審判を申し立てることが可能である。

③代理人として、調停、審判に出席することが可能である。

という点にあります。

遺産分割協議においては、協議の途中で意見の対立が生じ、法的手続をとらざるを得ない場合もあります。もし、相続人間で話がまとまらないという可能性がある場合には、代理人として必要な交渉を担える弁護士に、早期にご相談されることをお勧めします。

当事務所では、遺産分割の調停、審判、遺留分減殺請求の調停、訴訟など相続に関する紛争を扱わせていただいております。

また、当事務所では、相続税の申告、相続登記など必要に応じ、税理士、司法書士など他士業の方をご紹介させていただいております。