相続放棄

相続放棄について

相続人は、原則として、相続開始のときから、被相続人に帰属した一切の権利、義務を承継します。
借金などの債務も相続によって承継することとなりますので、注意が必要です。

相続人は、相続放棄をすることができます。
相続放棄をした者は、当該被相続人の相続に関し、はじめから相続人にならなかったものとみなされます。

相続放棄は、債務超過の場合だけでなく、被相続人に負債がなく財産しかない場合にもできます。
 

相続放棄の手続きにはタイムリミットがある

相続の放棄は、自己のために相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内に家庭裁判所に申述する必要があります。
家庭裁判所に相続放棄の申述をし、家庭裁判所がこれを認めると、受理します。
受理によって、相続放棄が成立します。

被相続人の死亡から3ヶ月を経過した後、債権者から請求がある場合がありますが、このようは場合には、相続放棄が認められるケースもありますので、弁護士にご相談ください。

また、被相続人の死亡から3ヶ月経過する前であっても、被相続人の財産の処分等をすると、相続放棄が認められない場合もありますので、相続放棄を考えている相続人の方は、注意してください。
 

「相続の開始を知ったとき」?タイムリミットはいつから?

「亡くなった人のマイナス分は背負わなくてよい」?相続放棄の「限定承認」制度とは

 

遺産分割協議で「相続しない」という内容で同意するのと、何が違う?

ある相続人の方が、相続放棄をすることと、
当該相続人の方が「遺産を全く取得しない」旨の遺産分割の合意をすることは同じ意味でしょうか。
 
確かに、相続放棄をした場合であっても、遺産を全く取得しない旨の遺産分割の合意をした場合でも、いずれも、当該相続人の方は、相続財産を取得できないという点では同じです。

しかし、両者は、法的な意味が異なりますので、例えば、次のような違いがあります。

まず、債務を負っている相続人の方が、相続放棄をした場合、当該相続人の債権者は、相続放棄について、債権者取消権を行使できないと考えられています。
一方、債務を負っている相続人の方が、当該相続人の方が遺産を全く取得しない旨の遺産分割の 合意をした場合、債権者は、債権者取消権を行使できると考えられます。
 
次に、相続人の方が、相続放棄をした場合、相続放棄をする際、まったく知らなかった債務の 存在が後に判明した場合、相続放棄した相続人は、はじめから相続人でなかったものと見なされますので、原則として、この債務を承継しません。
一方、相続人 の方が、財産を全く取得しない旨の遺産分割の合意をした場合、被相続人の債権者は、当該相続人の方に対し、原則として、法定相続分の範囲で請求できると考えられます。
 
このように両者には違いがありますので、相続人の方が、遺産の取得を希望しない場合であっても、どのような手続きをするか、よく検討する必要があります。