「預金の使い込み(不当利得返還請求)」について

「預金の使い込み(不当利得返還請求)」について、弁護士が解説します

 

1 はじめに

相続人の一部が被相続人の預金を使い込んでいて、被相続人が死亡した後、予想より被相続人の預金の金額が少ないということがあります。
預金の使い込みについて、具体的な事例を想定して、事例に基づき説明をしたいと思います。なお、2の事例は、フィクションです。
 

2 事例

Aさんは、甲銀行に1000万円の預金がありました。
Aさんは、夫に先立たれたため、一人で暮らしていました。
Aさんには、長男Bと二男Cがおり、長男Bは、Aさんの近くで暮らしてきました。Aさんは、脳梗塞で倒れ、病院に入院しました。Aさんは、脳梗塞のため、意思の疎通ができない状況に陥りました。
Bさんは、Aさんの預金をAさんの了解を得ることなく引き出し、Aさんが死亡したときには、預金の残高がほとんどゼロになっていました。
 

3 預金の使い込みをチェックする方法

法定相続人は、通常、単独で、銀行に対し、預金の取引履歴の開示を求めることができると考えられます。
Cさんとしては、BさんがAさんの預金を使い込んだと疑うときには、甲銀行に対し、Aさんの預金の取引履歴の開示を求めることが多いと思います。
 

4 使い込まれた預金を取り戻すことはできるか

使い込まれた預金を取り戻すということは、法律的には、被相続人が有していた不当利得返還請求権を、相続によって、法定相続人が承継したという法律構成をとることが多いと思います。
相手方が返還に応じないときなどには、訴訟を提起する場合もあります。
実務上、一部の相続人による引き出しに被相続人の承諾があったか否かがポイントになることが多いと思います。
 

5 預金の使い込みのご相談と解決の流れ

当事務所では、預金の使い込みのご相談を受けております。
ご相談の際、相続関係や被相続人の方についてお聞きしたりして、状況を把握させていただきます。
また、銀行の取引履歴など必要な資料の収集をお願いすることが多いと思います。
そのうえで、訴訟提起をするか否かなど、ご相談者とご一緒に方針を検討します。
預金の使い込みついて、分からないことがありましたら、弁護士までご相談ください。