遺産分割

2019年06月27日

遺産分割調停、審判で遺産として扱われる財産には、どのようなものがありますか?

【Q&A】遺産分割調停、審判で遺産として扱われる財産には、どのようなものがありますか? 質問 私の父は、昨年、死亡しました。 私の父の相続人は、私の母、私、私の弟の3人です。 私の父は、投資に関心があり、様々な金融資産を持っています。 私は、弟と折り合いが悪く、話し合いでは遺産分割がまとまりませんでした。 私は、遺産分... 続きはこちら≫

2018年11月26日

遺産分割と東京証券取引所の売買単位の統一

遺産分割と東京証券取引所の売買単位の統一 平成30年10月1日から、東京証券取引所に上場するすべての株式の売買単位が100株に統一されました。   東京証券取引所では、従前は、売買単位は、100株だけでなく、例えば、1000株が売買単位の株式会社もありました。 売買単位が異なると、投資に必要な金額がわかりにくいという難... 続きはこちら≫

2018年09月26日

行方不明者がいる場合と遺産分割

行方不明者がいる場合と遺産分割 事務員:遺産分割の手続きをしていると、連絡がとれない人がいる場合もあると思います。     遺産分割の当事者のなかで、行方不明の人がいる場合には、どのようにすればよいのでしょうか。   弁護士:通常、不在者財産管理人(ふざいしゃざいさんかんりにん)の選任の申し立てをすることを検討する必要... 続きはこちら≫

2018年08月16日

遺産分割と不動産

, ,

遺産分割と不動産 弁護士:遺産分割の際、遺産のなかに不動産がある場合がありますね。   事務員:はい。遺産分割の協議や調停の際、遺産のなかに不動産がある場合は、あります。   弁護士:ここでは、遺産のなかに不動産がある場合について考えてみたいと思います。   事務員:遺産分割の調停において、不動産は、どのように評価する... 続きはこちら≫

2018年05月21日

遺産分割と株式

,

事務員:遺産分割の調停手続をしているときに、遺産のなかに証券取引所に      上場している株式(かぶしき)があるときに、その評価はどのように定めるのですか。   弁護士:遺産分割の調停において、遺産の評価が問題となるときがありますが、      証券取引所に上場している株式会社の株式においては、証券取引所において、... 続きはこちら≫

2017年12月15日

遺産分割調停のポイント⑨調停の不成立

,

遺産分割調停のポイント⑨調停の不成立 調停委員会は、当事者間に合意が成立する見込みがない場合又は成立した合意が相当でないと認める場合には、調停が成立しないものとして、家事調停事件を終了させることができます。この場合に、遺産分割調停事件は、審判手続に移行すると考えられます。   家事審判事件に移行した後は、家事審判事件と... 続きはこちら≫

2017年11月28日

遺産分割調停のポイント⑧調停の成立

,

遺産分割調停のポイント⑧調停の成立  遺産分割の調停において、当事者全員が合意に達すると、通常、裁判官の面前で合意の内容を確認し、調停調書を作成します。   調停が成立した後、調停調書正本(または謄本)に基づき、例えば、不動産を取得することになった相続人が、不動産の登記をしたり、預金を取得することになった相続人が、預金... 続きはこちら≫

2017年11月09日

遺産分割調停のポイント⑦誰がどの遺産を取得するのか

,

遺産分割調停のポイント⑦誰がどの遺産を取得するのか  遺産分割調停においては、誰がどの遺産を取得するのか、合意をする必要があります。法律で定められた相続分を参考にしながら、遺産分割をすることが多いと思います。  もっとも、調停は、大ざっぱにいえば、家庭裁判所での話し合いの手続きですので、全員が合意をすれば、法律で定めら... 続きはこちら≫

2017年10月31日

遺産分割調停のポイント⑥寄与分(法定相続分の修正)

, ,

遺産分割調停のポイント⑥寄与分(法定相続分の修正) 寄与分が問題となる類型としては、 家業に従事したことを主張する類型、 被相続人の療養看護をしたことを主張する類型、 被相続人に対し、金銭等を出資したと主張する類型 などがあります。 例えば、家業に従事したことを主張する類型では、通常、無償性が必要になりますので、家業に... 続きはこちら≫

2017年10月20日

遺産分割調停のポイント⑤特別受益

, ,

遺産分割調停のポイント⑤特別受益 1 はじめに   遺産分割の調停では、当事者から、特別受益の主張がなされる場合があります。このコラムでは、特別受益についてとりあげます。 2 特別受益   民法903条1項は、特別受益の要件として、「共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の... 続きはこちら≫